インプラント周囲の歯肉の環境整備

私も既に28年もインプラント治療に携わっていますので、

それなりのトラブルは経験しています。

その対応はキチンと為していますので、

大事になったことはありません。

少しでも?と、

感じたならば、

即座に対処しているからだと思います。

昔のブローネマルクインプラントとスタンダードアバットメントの

組み合わせでのトラブルは皆無に近いものがありました。

現在、昔のブローネマルクインプラントのスタンダードフィクスチャーは

存在しませんし、

スタンダードアバットメントでの修復は、

審美的観点や、

息漏れでの発音への影響や、

食渣が溜まり易いことから、

患者さんの側が敬遠致します。

より審美的なインプラント治療が普通になった今、

私の症例においても、

ごく稀にペリインプラントタイティス、

インプラント周囲炎が認められます。

私の臨床は、

条件設定した環境で行っています。

で、

行き着いた先は、

インプラント周囲の歯肉の環境整備の重要性です。

インプラント周囲にシッカリとした角化歯肉が、

骨にシッカリと付着した環境が、

インプラント周囲炎の最予防策であると考えるに

至ったのです。

ですから、

そのための遊離歯肉移植の手術が、

昔、歯を長持ちさせるためにけんめいに行った

歯周外科処置のオプションとして大きな割合を占めていたように、

インプラント治療においても同様の傾向に移行しています。

シッカリとした歯肉に守られたインプラントは、

観るに安定感を感じるのです。