天からのご褒美

先般、久しぶりに新潟から帰郷したせがれを連れて

焼き鳥を食しに行った際に、

ふと、

さだまさし氏の案山子の歌詞が脳裏に甦ったのです。

親父とはつくづく馬鹿な性分だと思います。

口にこそ多くを語れませんが、

お金はあるか?

友達とはどうだ?

飯は食ってるか?

そんなばかり気にして。

そうです。

治療のチョッとした合間でも、

せがれの日常を気にしています。

ですから、

たまに顔を観た際には、

日頃の不出来の叱咤は出来ず仕舞い。

つい、

飯は食ってるか?

そんな台詞しか出て来ません。

そんな親父の心とは別に、

青春とは向こう見ずで、

それも良いかな?

と、

そんな親父は私だけではないでしょう。

せがれは私を出汁に

人様との会話を楽しんでいるそうな。

かように私は面白いんだと。

何事にも【凝り性】の私は、

他人の格好の笑いのネタになるそうです。

ウケる話しのナンバーワンは、

小学生時代のゴルゴ13の物真似話しであるそうな。

ゴルゴ13に憧れた私は、

髪型を真似て散髪屋へと出向き、

仕上がり後が気に食わず、

ジッと鏡の向こうの自分の顔を眺め、

おもむろに、

太いマジックインクで、

モミアゲを頬に描きあげたのです。

で、

眉間に皺を入れる表情を造り、

ネクタイを締めた写真は、

到底、人様に見せれるモノではありません。

また在る時は、

時代がジーンズの裾が拡がる、

アレハなんて云うでしたっけ?

古い言葉ではパンタロン!

未だにシッカロールを【天花粉】と呼ぶ私ですから、

パンタロンの別名は知りません。

その裾の拡がり具合を、

友人と競い合い、

なんじゃコリャ?

とても、とても人様には見せれません。

この凝り性が大人になって

歯の仕事の方へと向いたから、

好きな事と仕事が一致した類い稀なる果報者と

相成りましたが、

歯との出会いが無ければ、

私はどうなっていたモノか!

と、

自分でも考えて込んで仕舞うのです。

で、

歯の仕事で行き着いた先は、

美の頂点は白無垢に在りという

境地に至ったのです。

これを歯の治療例として、

噛み砕いて説明する事は難しいのですが、

在る境地に至ったのは、

馬鹿三昧をした

天からのご褒美だと思っています。