医療倫理

早朝から深夜まで、

休日から祭日まで診療している医療機関が在ります。

働く人達にはアリガタイ医療機関と言えましょう。

ただ、

医療行為には技術的担保が在ってこそだと、

私はその様に考えています。

1医療機関が診察できるキャパシティなど

たかがシレテいますし、

1医師が診察出来る能力など

気力、体力を鑑みれば、

もっとたかがシレテいると考えています。

医療行為が上手く運ばなければ、

其れは傷害行為と言えましょう。

その辺の基礎の基礎である

医療倫理を私らは真剣に自覚すべきです。

また、

治療を受ける側の患者さんも、

治療の差を自覚すべき時が今だと、

もう一度立ち止まって頂きたいと思います。