インプラントオーバーデンチャー

下顎に1本も歯の無い患者さんです。

インプラントにてブリッジを造ると

とてもとても高額になります。

と言って、

総入れ歯を造るには骨が既に痩せ過ぎて

私の満足する吸着が得られない。

そんな患者さんの治療に

インプラントオーバーデンチャーを利用します。

比較的骨が残っている頤と呼ばれる部位に4本のインプラントをいれます。

そのインプラントに物干し竿のようなバーにて連結し、

総入れ歯の裏側に、

バーとのクリップを埋め込んで、

カチッと、

インプラント支持のバーと総入れ歯のクリップが

相互に噛み込むのです。

コレは、

その歯型です。

インプラントのアバットメント部分を造る精密な型と、

総入れ歯のための下顎の機能時の歯型の

両者を満足させるモノでなければなりません。

インプラントオーバーデンチャーは有意義な治療ですが、

治療の各ステップにおいて、

様々な工夫を仕込む必要が在るのです。