余裕

雑踏のなかの茶店の軒下に腰掛けて、

渋茶を啜りつつ、

つい此の間の出来事を思いだしていました。

新潟滞在の序でに、

請われて、

若い歯科医師の診療所へと。

真面目な先生であることが一目瞭然であるのが

可笑しかったのです。

多くの問を頂き、

私なりのアドバイスを与えた積もりでしたが、

胸のつかえが取れない心持ちに。

何故か、

全く関係ない今、

その訳が判ったのです。

それは【余裕】です。

役者でも、

年がら年中、一日中、

舞台やスタジオに籠っていても

芸の肥やしにはなりません。

芸の肥やしどころか、

気が狂ってしまうでしょう。

役者にとってカメラがまわる間が演技処です。

それ以外の時間の使い方で、

その役者の延び代ってモノが変わってくるのだと思います。

若い先生の診療所を観て、

同じ苦心を味わった者として、

気がつく、

察知できる処が沢山在りました。

【夢】を抱きつつ仕事をすることが大切です。

【夢】を描くには【目標】を具体的に持つことです。

その実現のために、

【工夫】を加えてこそ、

自分流が出来てくるのだと思います。

冷静でなければなりません。

そのためには【余裕】を忘れてはなりません。