紳士のたしなみ

少年時代はプロ野球全盛の時代でした。

王、長島両選手の時代であった頃です。

【読売巨人軍は紳士であれ】

と云う言葉が妙に少年心を熱くしたものでした。

青年期は白州次郎氏に憧れました。

氏も紳士の代表格と言えるでしょう。

無頼漢、変屈者の代表格と評する人も居られますが、

私にとっては、

白州次郎氏は決して届かない見本のような人です。

【みんなと一緒】と云う生き方は到底、

私には出来ません。

八木重吉氏と云う詩人が居られました。

 

いきどおりながらも

うつくしいわたしであろうよ

なきながら  なきながら

うつくしいわたしであろうよ

 

うつくしいわたしって何だろう?

心に笑顔のある人かも。

責任ある行いを実行する人。

そういう人を紳士だと思うのです。