歯科医の仕事の現実は

今も手術が終わった処です。

先ほどの手術は緊張しました。

出血が多かったのです。

歯周病のコントロールは完璧な患者さんなので、

普通であれば、

ほとんど出血などありません。

その証拠に、

手術に際して私のゴム手袋には血で汚れませもの。

が、

先ほどの患者さんの場合には、

歯の根の先に溜まった炎症が大きく、

骨の広範囲に渡って拡がっていたのです。

炎症性の病変を丁寧に丁寧に取り除くながら、

溢れんばかりの血液を止め、止め、

エレクトリックメスにて凝固止血。

で、

また炎症性病変を丁寧に丁寧に。

新鮮で綺麗な骨が診えたら、

止血は止まります。

ここでマイクロスコープの出番です。

拡大された視野にて、

微量の炎症性病変が無いかのチェック。

で、

チョッとでも診えたら、

また丁寧に丁寧に。

人工骨を補填して骨の形態を整えます。

で、

縫合。

背中に汗だくってのが現実です。

写真で視れば派手な治療に観えるんでしょうが、

楽な稼業ではありません。