歯の治療で1番大切なこと

患者さんの歯科治療に従事して、

早いものです。

もう30年が経ちました。

つくづく感じますのは、

当たり前なんですが、

人は誰しも【老いる】と云うこと。

生活環境の整備や医療の進歩によって、

今の高齢の方々って、

見た目も身体もお元気ですよね。

私が幼い頃の年齢から、

20歳位お若いんじゃないでしょうか?

しかし、

其れでも年齢は1年づつ経てゆく訳ですから、

絶対に【老い】は訪れます。

私らが患者さんとお付き合いする上で、

想像できない位に、

長いお付き合いになるのです。

生涯、

快適な食生活を営んで頂けるような歯科治療をと。

唾液の分泌状況や質、

骨格と筋肉の状況、

いろんな要素が治療成績に影響を与えます。

今までのように、

あっ!虫歯だ!

早く詰めよう!

歯茎が腫れた!

ポケットの手当てだ!

歯を抜いた!

インプラントかブリッジか?

そんな単純な選択ではありません。

患者さんの体質に沿った治療を考えねばなりませんね。