救いの手

今朝は患者さんに私の治療に馴れて貰うために、

他所の歯科医院との【差】が判りやすく、

比較的患者さんにとっては楽な治療である

上の犬歯の根菅治療から始めると云う予定でした。

ところが、

????

犬歯以降後ろの歯茎が腫れぼったく。

といってブラッシング不足からくる腫れではありません。

もしや?

レントゲンにて、

ヤハリ嫌な状態に進んでいました。

臼歯がバラバラに折れていたのです。

とにかく、

予定通りに

犬歯にラバーダム防湿し根菅治療を進めながら、

私の脳ミソはフル回転していました。

今は急ぐ時である!

私は腹を決めたのです。

患者さんの方も、

この2ヶ月の間に整形外科分野の手術にてリハビリ中であったので、

歯科治療を受けることが出来ませんでした。

私は現状をご説明し、

患者さんの方にも腹を決めて頂いたのです。

上の右半分の歯茎を切開し大きく剥離して、

奥歯の折れ具合と骨との関係を

直接に私の眼で確かめたのです。

1本しか、もう残っていない大臼歯は残念ながら抜歯。

その隣の第2小臼歯もバラバラで抜歯。

第1小臼歯は手術にて保存可能に。

残りの歯は骨と歯茎と歯の根を綺麗に手当てして

長持ちさせれるでしょう。

この患者さん。

左側も急がねばなりません。

全く、

前医に怒りを感じますね。

あぁ、私はカトリックに改宗したので、

そんなこと思ってはいけませんですね。

でも、

この医院からお越しになられる患者さんって、

多いんですよ。

ホームページなんかで拝見しますと、

物凄い自信家でいらっしゃる。

ホームページの対策や、

患者さんを救うなどと大口たたくどころか、

拙い技術と、

見えない視力と、

不器用な手先と、

ルックスの方も序でに、

その道の専門家の方に

救って貰っては如何でしょうか?