宿命

最も新しい治療の導入、

そして、

従来から在る確かな治療方法を

と云う

チョッと単純に聞けば矛盾する

2刀流の実践が必要なことに、

医療と云う分野の特殊性が在ると思うのです。

手堅い治療を心がけながらも、

でも時には、

リスクを背負ってチャレンジする気概も

私らの仕事には絶対に必要なのです。

その分別の根拠を

自分の中でシッカリと確立することが

医療人の責務であります。

てな判ったことを言っていますが、

その確かな根拠見つけの旅の最中でも在るのも事実です。

ですから、

毎日、毎日の診察に際して、

正直申し上げて、

心配で心配でなりません。

患者さんそれぞれに対して、

その時の自分のベストを出しきる努力と、

粘りと云う表現が最も適切かもしれませんが、

治療結果の合格点を、

少しずつ上昇させてゆきたいと、

好んで自分を傷める仕事かもしれません。

でも、

歯の一挙一動に興味をひかれ、

ついつい夢中になるのです。

変な話しですが、

レントゲンを診れば、

歯の寿命が判ってき、

その寿命を、

もっともっと延命させたいと

現状に戦いを挑むのが、

私の日常となりました。

それが知識を越えた知恵の取得であり、

また、

技術者の宿命だと思うのです。