当時のままの

先のブログで触れた祖母の命日が今日であったので、

昨日の叔母へのお供えに続いて、

今日も祖母が生前好物であったモノをと考えています。

が、

祖母の好物が思い出せません。

祖父の口を借りれば、

お前は【猫また】じゃ!

と、しばしば耳にしたものでした。

【猫また】?

コレは祖父の弁です。

猫でもまたいで、

食べないほどに不味い食べ物でも、

お前は何でも食べる、

そういう意味なのだそうな。

ですから、

好物ってモノを思い浮かばないのです。

思いだすのは、

先ほどのようなイタズラの的が祖母であったこと。

懐が淋しくなった際には、

おだてれば、

気前よく財布を全開にする単純な私にとってのATMであったこと。

と、

今の人は皆目わからないでしょうが、

【杉野!杉野!杉野はいずこ?】

で有名な広瀬中隊長を称える軍歌などの歌詞と節回しが

自然と口から出るのも、

乃木大将や東郷元帥の

聞くも心が高揚する明治の大戦の模様を

あたかも実際の眼で

観たかのように語る祖母の影響であることは間違いありません。

幼児期の体験は、

自覚なくとも、

身体に染み込んでいる証だと思います。

それが実感できますので、

私は子育てにおいて、

今風には抵抗が在るのかもしれません。

お位牌を前に、

生前の名とは異なる戒名を観ては、

当時と今との境目が判らなくなるのです。

時間の流れを感じないのです。

今でも私は当時のままの悪戯坊主の積もりですし、

祖母も今は無き家の玄関戸を開けると、

台所から顔を出して声をかけられる気がしてなりません。

こういう心情になるのも、

お盆が近く、

墓参りとお仏壇のすす払いを

待ってくれているからでしょうか?