見っけモノ

湖の畔の田園の中に在る街だからでしょうか?

ムッと息圧迫するほどの熱気の中の高松市とは

全く異なり、

つかめる程に乱舞する蜻蛉の中を

私は山頂目指して歩いていました。

この前に此処を訪れてから10年近くは経ったでしょう。

近いようで遠いのが、

ここ安土です。

よくよく考えれば、

頻繁に往復する新潟への道すがらの街ですが、

行程を急ぐ私には、

立ち寄る心の余裕がなかったのだと。

で、

大手門遺跡付近に入場料を

所有する寺が徴収するための関所が設けられていました。

この城の主は、

嘗て関所を廃したことで有名であったのにな?

そんな皮肉を思いながら、

序でに、

横の売店に寄り、

クダラナイ土産物の中から

興味深い書籍を見つけたのです。

今夜はお盆休みのごった返すシャバの習いにて、

思いつきの遠出であった私の泊まる宿など

在る筈はなし。

最初から車で泊まる覚悟にて、

犬と出かけた私です。

スーパー銭湯で汗を流したあと、

じっくりと頁を捲ろうと思っています。