思いは募る

沢には音が在ることを

すっかり忘れていました。

で、

何故か牧野富太郎博士を思い出したのです。

幼い頃に手にした博士の伝記を

何度も何度も

読み返したものでした。

市井のしがない開業歯科医でしかない私が、

日々の診療から、

歯科医学の現状と自分の毎日に

大いに疑問を抱き、

決して肉眼では観ることができない

微生物に興味を抱くことになり、

こうして遠方にまで、

アチコチ足を運ぶようになりました。

虫歯菌に食され代謝の結末となった

朽ちた象牙質を

逆なる発想にて微生物の代謝にて解決しようと

思い立ち、

今では母校の多くの方の助力にて

一歩一歩、

私の謎解きは進んでいます。

歯への興味は尽きません。

縁側に腰かけ、

思いは募る一方です。