セラミッククラウンの秘訣

セラミッククラウンを提供する際に、

形は別として、

色調再現が歯科医師では無理!

そんな難しい色の歯も実際には在るのです。

セラミックを盛り上げて釜で焼くのは

歯科技工士さんだからです。

このような際の私は潔く降参しています。

患者さんにも、

正直に告白しています。

写真だけでは、

活きた歯のように

製作する歯科技工士さんに

色調のディテールを伝えるきれません。

先夕、

私の診療所に歯科技工士さんの姿が在りました。

先生はズルいですよ!

難しい歯の色ですね、この歯は!

こうして直接に患者さんにお会いしたら、

私は下手打てません。

そりゃそうだ!

其れが私の狙いですもの。

パレットの上の絵の具のようでしょ?

脇で私はウキウキ気分で眺めています。

歯科技工士さんはプロの眼ですよ。

ジッと一点に集中しています。

音ひとつない静寂の世界に包まれる診療室です。

私はここまでヤります。

プロですから。