ホッとした週末

メスを手にして、

四半期が経過したのですが、

特に高齢者の方への手術は、

未だに、

大きな負荷がかかります。

それは、

手術の技術的な問題ではなく、

身体に侵襲を少なくして差し上げたいとの

配慮から、

例えば麻酔薬の量を控えて、

それでも痛みも無いように、

そんな気遣いが大切です。

79歳の女性の手術が終わりました。

麻酔薬の量は虫歯の治療と同じ程度で済みました。

ただし、

麻酔薬が効くまでゆっくりと待ち、

手術時間の大半は、

麻酔をしては待ち、

で、

再び麻酔しては待ち

の、繰り返し。

手術後は直ぐに鎮痛剤を服用して頂き、

お迎えの方が来られるまで、

ゆっくりと待合室にてお待ち頂き。

どうやら痛みもなく、

ホッとされて居られる様でした。

私も肩の荷が降り、

ホッと。

夜、

マッサージの予約を入れました。

年から言えばベテランの域に入っているのでしょうが、

本当はこんなモンですから。