まだまだインプラント治療も現役ですよ!

最近ブログにて、

総入れ歯の話題ばかりであったので、

三枝は、

もうインプラントを引退したのか?

そんなことを

某自称審美インプラント歯科医が言っているようです。

大きなお世話だい!

仮に私が引退した後の御隠居仕事であっても、

あなたの全盛期の仕事よりは、

遥か彼方のレベルには在りますから、

ありがとうございます。

心配無用です。

社会のために、

あなたが早々に引退すべきでしょう。

この患者さんは、

下顎に歯が1本もありません。

インプラントにて修復する予定で、

着々と手当てを進めています。

アバットメントは、

その状況状況によって、

インプラントと連結する時期を変えています。

ソレハそうでしょう?

だって全てのインプラントは、

場所は骨の状況によって、

骨との結合のスピードは違いますから。

マニュアルに乗っ取った治療も良いですが、

臨機応変に治療を進める方が

利にかなっていると、

私は考えています。