産みの苦しみ

部分入れ歯の需要は

今後、ますます増加すると考えています。

それは、

技術的に未熟な歯科医師による

インプラント治療の予後が悪いことが

一般の方々から敬遠されることも

大きな原因ですが、

高齢者が【いつ終わるのか判らない老後】に控えて、

歯科治療のかける費用の財布の紐が固くなるからです。

部分入れ歯は、

キチンと考えて造れば、

本当は治療としては、

高い診断力と技術を必要とします。

インプラントが普及した大きな原因の一つに、

コレが在るんです。

現在、

数症例の部分入れ歯の患者さんを抱えています。

この患者さんたちは、

私の診断では、

部分入れ歯の方が、

インプラント治療よりも、

確実に長い期間安心して

暮らしとともに役にたってくれると、

確信しています。

が、

難しい症例ですから、

考えて、

考えて。

ある種の産みの苦しみを味わっています。