予知する能力

49歳の女性の口腔所見です。

下顎の歯肉を注意して観て下さい。

左右の差がお分かりになりますか?

この方の初診は24年前です。

今では立派な大学生のお母さんですが、

当時はきゃピきゃピの証券会社のOLさん。

歯列矯正治療を成長期に受けておられたのですが、

これは、

完全なる矯正治療の失敗症例でした。

様々な問題が、

将来的に予想されました。

歯肉退縮も予知されました。

でも、

患者さんには理解できっこありませんよね。

左右に治療の差を付けました。

左側には歯肉移植を。

右側は、そのままで。

25年経って、

その差が歴然ですね。

当然、

左右での、

歯のグラグラ度合いも違います。

私らの仕事には、

将来の予知も大切です。