私の基準

日曜日の朝は、

教会でミサに参加すると云う

私の決まりごと。

目が覚めれば午前9時!

慌てて、

シャワーを浴びて、

神棚とお仏壇の手入れをしつつ、

スーツに着替えながら、

マリリンに朝ごはんを。

家族は未だ爆睡中。

これが現代の日本の標準なのでしょう。

ミサは心が清々しくなる

私のストレス発散と云う

自分への大切な手当てになりました。

で、

今、

診療所へ入りました。

患者さんの資料から診断なり治療計画を

ゆっくりと考える時間です。

1時からは床屋へと。

3時には新しい患者さんをお迎えする予定です。

お電話での会話のなかで、

お痛みがある様子。

痛いと聞いて、

日曜日ですから診療は月曜にと云う

感覚は私にはありません。

昨今では、

グルリと見渡せば歯科医院だらけ。

であるにも関わらず、

私を指名して下さった。

日曜日だろうと、何だろうと、

早く痛みを採って差し上げるのが

私の務めです。

私の行動基準が標準とは違うと云う

ご批判も多く受けます。

しかし、

私は歯科医師です。

医師に自分の都合など

後回し。

私が間違っているでしょうか?