インプラント治療を受けるにあたって その3.

インプラント治療は随分と進歩したかの様に言われていますが、私はその様には思いません。

むしろインプラントをしたい歯科医と、少しでもインプラントを売りたい業者に
翻弄されていると危惧しています。

インプラントを必要とする状態に至ったという事は、歯を失ったという事です。

人工の物が神様の創られた物より優る筈はありません。

インプラント治療を行うならば、より慎重な姿勢で歯科医と患者さんは取り組まなければなりません。

治療時間の速さを競うより、

治療期間の短さを競うより、

治療費用の安さを唱うより、

身体への侵襲の低さと長持ちに最も重きを置かなければなりません。

インプラント治療をお考えの患者さん方へ、私はその辺りに、少し振り向いて立ち止まり、
歯科医と向き合って頂きたいのです。