私の患者さんとの関わり方 その2.

今は亡き書道家の榊莫山先生から一枚の葉書を頂いた事があります。

山の小さな祠の中の観音様が描かれて、その脇に莫山先生独特の字体で

【一生懸命励みなさい。芸の道に励みなさい】

振り返り観れば、当時は私にとって不遇な時代でした。

莫山先生からの思いもかけないお便りに、思わず涙した私でした。

【感動させたってや!】

という莫山先生の言葉が今でも熱く耳に残っています。

私はつくずく人との出会いの縁に恵まれました。

一歯一歯の治療の重さを噛みしめて、私は毎日、診療所のドアを開けて階段を登ります。