人と人との関わり

決して信じてくれないでしょうが。

診療所の患者さんのトイレの掃除は、

院長たる私がします。

お一人、トイレをお使いになったと気づいたら、

あるいは、

診察の合間でチョッと一服の前に、

患者さんのトイレに入ります。

手洗いの跳ねた水の乾いた痕跡を拭き、

便器も素手で雑巾で磨きます。

何故って。

患者さんに気持ち良く、

診療所で過ごして欲しいからです。

スタッフで、

真似してくれた人は、

今回新しく加わった人だけでした。

技術と云うものは、

私の診療所に居れば、

必ず身につけることが出来ます。

が、

患者さんへの労り、感謝の気持ちは、

教えて教わる類いのモノではありません。

その人の持つ生まれ持った感情なり、

成長する過程での、

育った環境の賜物です。

これも一種の才能だと思います。

私は自分の流儀を、

他人に強制しません。

逆に、

依頼される機会は多いのです。

大概の場合は、

よっしゃ!よっしゃ!

と、受け入れてしまいます。

ですから、

診療所に居るだけの私の処には、

大勢の方がお越しになられますし、

多くの情報も、

座ったままで入ってきます。

家族は、

そんな私を、

脇が甘いとか、

なんでもかんでも抱え込むと、

お人好し程度に呆れているようです。

でも、

私の方では判ってるんですよ。

運のある人と、

そうでない人の違いが。

また、

義理人情の厚い人と、

自分のことだけの人。

そのハンドリングは、

私は自信があるんです。

自分だけが大事な人は、

私だけに依頼するだけでは不安ですから、

アチコチに保険をかけるのが常のようです。

その過程で、

自分の都合の良い方を、

後先考えズに、

相手を代えてゆきますから、

自然と私との縁は消える訳です。

ですから、

私の周囲は、

絶対安心のある人だけに。

患者さんの診察も同じです。

全てがご自身の思うままに。

これでは病気は治りません。

私の患者さんの口腔がとても良好な状態を保っているのは、

患者さんの協力の賜物です。

人と人との関わりと、

治療は同じようなモノだと思います。