マイクロスコープの治療が最先端って言ったとて

顕微鏡学会と云うモノまで在るんだそうな。

ルーペやマイクロスコープの研究は、

企業に任せた方が良いような気がするのですが。

24歳で歯科医師免許を頂戴してから、

拡大鏡を手に入れた数は、

10数台では足りないでしょう。

で、

20数年前に行き着いた処は、

ドイツ製のカール・ツァイスです。

もう長い間、

使い込んでいますから、

私のもう一つの眼になって、

診療には欠かせない私の身体の1部となっています。

新機種と出てるようナンですが、

古い機種の方が、

シッカリと造り込まれているような気がします。

メルセデスベンツなんかも、

同じですから、

時代の流れで、

新しい機械が優れているとは言えません。

ツァイスを4機種。

もう20数年ですから、

マイクロスコープ歯科治療の

私のスタイルは完成しています。