白桃

昨夜は、

岡山市にて日本歯科補綴学会が開催中である事から、

母校からも補綴学関係の歯科医師が、

大勢、当地を訪問しているようです。

補綴学第1講座の小出馨教授のご子息を

私の大学病院での治療の右腕としていますので、

彼を私の診療所へ招待したのです。

私らって、

本当に馬鹿ですよ。

高松市まで来させて、

歯の話しばかり。

深夜、

駅まで送って行ったあと、

ふと、

スーパーに立ち寄り、

目に留まったのが【白桃】。

ほぉ、もうそんな季節になったのかと、

買い物カゴに入れて持ち帰り、

御仏壇にお供えし、

香の漂うなかの白桃を眺め、

歯の治療と云うモノは、

まさに白桃を触ルような、

微妙な力加減と、

気持ち1つで、

病気を治す魔法の手ともなり、

或いは逆に、

歯を壊す破壊的行為にもなり得ると、

そんなこんな考えてながら。