歯周外科手術

クラウン・ブリッジによる修復治療が必要な患者さんの多くに、

私は、

補綴前処置として【歯周外科処置】を行います。

クラウンを被せるだけなのに、

何で?

わざわざ手術がと、

不信感を持たれる方は安心し過ぎです。

被せた部分ほど、

臭い匂いを感じたり、

時たま疲れた時の違和感があったり、

歯科医の治療した処ほど、

段々と悪くなるような気持ちになりませんか?

クラウンを被せる際には、

歯肉の完全武装が必要です。

これだけマイクロスコープの使用が推奨されている歯科界です。

と言うことは、

精密でない作業が、

普通に行われていることの逆説とも言えます。

安心した歯科治療を受けるために、

歯周外科を拒絶の気持ちを解き放って下さい。

上手な歯科医師の手術なら、

侵襲は歯を抜くより小さいですから。