それで良いんじゃないかと。

東京行きの上越新幹線の車窓から

片ひじついてボンヤリと、

群馬県高崎市を過ぎた頃でしょうか?

濃い茶色い土の色の光景が視界に入り、

その瞬間的に、

西日本との風土の違いを肌感覚で察知し、

常日頃、

脳裏になんとなく引っ掛かっていた

ある事に、

点灯したように気づいたのです。

私の仕事は歯科医学。

私の趣味も歯科医学。

私の夢も歯科医学。

私を支えるのも歯科医学。

そして、

私のプライドも歯科医学。

それで良いじゃないかと。

18歳の年から、

それだけで生きてきたのです。

過ごしてきたと、

生きてきたとの

違いを判って頂けない方には、

私は唯の異常人かもしれません。

言葉も文章も、

そうなんですが。

本人の意思とは真逆に受け取られる事が、

今時では普通であることに、

驚かなくなりました。

だって、本が売れない時代ですから。