歯肉を読む

患者さんのメンテナンスの際、

必ず、

する事があります。

大拡大のルーペ、

歯科衛生士さんが使う2倍程度のモノではありません。

最低でも8倍の大拡大視野で、

歯肉をシゴクような手つきで、

ポケットからの滲出液の性状を

確認するのです。

一般の方はご存じないかもしれません。

歯の周囲を取り囲む歯肉の

所謂ポケット部分から、

歯肉と歯槽骨の活きている証、

老廃物が、

滲出液という形で

ジワジワと、

出てるんです。

チョッと診ただけでは確認できません。

もう何十年と、

私は継続して診てきました。

インプラントと歯では全く違った

色と質の滲出液が出ています。

インプラントの種類によっても違います。

また、

患者さんの、

その時々の体調や、

病気の予兆の際にも

大きな診断の助けとなるのですよ。

折角のメンテナンスです。

シッカリと、

全方向から診させて頂きます。