ピッチャーの持ち玉数のように

東京だったり、

新潟であったり、

落ち着きのない生活を余儀なくされております。

今日は高松市にて。

この症例は、

右下奥歯部分に2本のインプラントを埋入していました。

手前は1回法にて。

ヒーリング.アバットメントが見えるでしょ?

その奥に、

もう1本在るんです。

ここは2回法を選択しました。

何故?

私がそう判断したからです。

今日は2次手術です。

でもご覧ください。

麻酔注射すると、

こんなに歯茎の幅が足らないのが

よく判りますよね!

バルーンのように膨らんでいるのは、

頬の粘膜なんですよ。

インプラント周囲には、

硬いシッカリと骨と付着した歯茎が必要です。

インプラント周囲の歯肉が不安定なのは、

イケマセンね。

で、

上顎から硬い粘膜をお借りすることに。

これを、

ホッペをアッチに移動して頂いて、

インプラント周囲の骨膜に、

移植歯肉を固定するために

縫い付けます。

ミラーに映った写真ですから、

左右反対に見えますが、

これでインプラントも

長い年月を、

清潔に保てるでしょう。

手術って、

いろんな種類が在るんです。

その持ち玉の多い方が、

患者さんのためになりますよね。