入れ歯の型採り

入れ歯の歯型採りの際に、

型採り材料を盛るトレーは、

絶対に既製品を使いません。

患者さんそれぞれに合わせて、

歯科技工士に個々に製作して貰います。

このような状態で、

私の診療所に届きます。

既製品だと、

歯型採りの材料の厚みが均一化できません。

いくらシリコン材料を使っても、

材料は硬化する際に収縮します。

型採りの段階で、

既に歪むが生じてるんです。

また、

入れ歯は、

周囲を動きまくる筋肉に囲まれています。

唇、頬、舌などです。

これらが動き、

入れ歯を外そう、外そうとするんです。

そこで、

歯科技工士の製作したトレーに

一工夫。

特殊な材料で、

筋肉の動きを記録するんです。

ねっ!

随分と形が変わりましたね。

今日はここまで。

次回は、

粘膜にはぶ厚い処と

薄い粘膜の下に直ぐに骨のある部分という具合に

様々です。

このトレーに再び一工夫。

型採り時の圧力の分散のための細工を施します。

で、

初めて、

入れ歯の歯型を採るんですよ。

入れ歯の製作に当たっては、

何度か、

歯型を採ります。

だから、

痛くない、

外れない、

違和感ない。

歯科治療って、

どの治療も、

そういうモノなんですよ。