学生たちとの関わり

大学では、

滅多に昼食を摂る時間もありません。

が、

この時には珍しく。

で、

技工士長の関口君と一緒に、

大学近くの小路を歩いていたら、

ウチの学生でしょう。

数人がペコリと挨拶を。

君ら今時分、何してるの?

先生、試験が終わったばかりです。

ほぉ!

頑張るんだぞ!

で、

少しばかり歩いた処にある豚カツ屋のカウンターに並んでいて、

ガラス窓の向こう側に、

ナンと奴らの姿が。

関口君、ヤバイぞ!

今日の昼飯は高くつくな。

引き戸から入って来た奴らに、

お前たち、

付けて来たな。

笑いながら肯く彼らに、

若い頃の自分を重ねて観ていました。

オバチャン、コイツらの私が払いますから。

そういえば、

先月も、

アイツらに中華料理店で払わされたような気がしたのです。

まぁ、いいか。