自分の仕事の再評価

私はクラウンを被せる治療の際に

仮歯を大切に活用しています。

患者さんの口腔の中で、

仮歯が、

どのような挙動を示すのかを、

ジッと探るのです。

ある期間、

仮歯を観察すると、

いろいろな将来のトラブルの種が見つかるのです。

2回から3回くらい、

仮歯を造り変えて、

本歯の形に生かします。

歯型採りの際には、

歯と歯茎の隙間に、

極細の糸を挿入します。

シリコン系の歯型材が、

削った隙間に鮮明に入り込む為です。

仮歯でも、

このように、

噛み合わせを記録するさまざまな

伝統的手法を使います。

これによって、

偏った診断をしないで済むからです。

どんなに慎重に治療している積もりでも、

いつミスが生じるのか判りません。

ですから、

私の治療は再評価の連続です。