長期的に安定した状態で歯を残すために

私は【歯科保存学】専攻で、

歯科医師の道に入りました。

そこから、

さまざまな過程を30数年を経験し、

母校の付属病院の臨床教授を拝命しました。

その所属が総合診療科であることは、

私にとっては、

大いに名誉であると思っています。

歯を長持ちさせるために、

さまざまな手当てを尽くす。

これが歯科医師の第1の使命です。

歯周病に関し、

私の診療は、

完全に出来上がっています。

先ずは、

徹底的な歯磨きのトレーニング。

序で、

徹底的な口腔の清掃。

で、

時々の、

噛み合わせの調整。

そして、

歯周外科です。

術前の歯茎です。

この写真から、

炎症歯肉が診えないならば、

歯科医師として、

目を肥やす必要があるでしょう。

歯周外科は、

炎症で腫れた歯肉に行ってはイケマセン。

この程度まで、

歯肉を整えてから。

それが歯周外科成功の秘訣です。

メスを入れ、

歯茎を開いて、

汚れを徹底的に清掃し、

歯の根の表面を研磨し、

骨の形態を整えます。

で、

縫合です。

これで、

歯周ポケットは完全に除去され、

あとあと、

磨きやすい歯肉環境が整備されます。