私のインプラント症例数

最近、

患者さんの統計処理の必要があり、

私のインプラント症例数が正確な判りました。

31年の数字です。

9643本でした。

統計学的には、

98パーセントの成功率でした。

上の奥歯部分の成績が1番悪く、

96パーセントの成功率でした。

下の前歯部分の成績が最も良好で、

99パーセントでした。

どこかの歯科医院のホームページで、

私は全く失敗はありませんとありました。

アレは完全に嘘か、

患者さんが他医院に、逃げた結果、

本人が知らないだけでしょう。

私はゴルゴ13ではありません。

骨との結合を失ったインプラントはありました。

インプラント周囲炎の症例もあります。

骨との結合を失ったインプラントについての考察は

既に出来ています。

抜歯を私がしていない部分のインプラントです。

これは、

インプラントを除去し、

再び、

インプラントをトライして、

完全にインプラントと骨の結合は回復しました。

抜歯の際の掻爬が大切なことが示唆されます。

インプラント周囲炎についての対応が、

これからのインプラント治療の課題だと考え、

日々、

研究しています。