余裕の心で

毎日の報道を観ても、

ギスギスした社会になってきたんだなと。

カトリック教会のミサでは、

毎回、

【主は皆さんと共に】

と司祭は、

信者たちに語りかけ、

【主は司祭と共に】

信者たちは司祭に応えます。

超情報過多の時代に生きる

超ストレス過多社会とは、

一線を画する場が、

教会カトリック教会には在ります。

私は人の身体を与る仕事をする上で、

心の豊かさを忘れたくはありません。

昨日初診の患者さんの口腔の写真です。

哀しさと恥ずかしさで、

胸がイッパイの女性でした。

丁寧な手当ては絶対に必要です。

器用な手先も絶対に必要です。

でも、

もっと大切なことは、

私は患者さんと共にあるという

私の想いです。

新潟から帰省した翌々日、

一気呵成に、

私は腕前を発揮する準備をしています。

私はゴルフ選手に例えれば、

トーナメントプロであるとの自負を持っています。

自費治療のみの歯科医師として、

多くの修羅場は経験済みです。

私が診断し、

手を下す際には、

ほぼ治療のゴールは見えています。

また経過を報告します。

自費治療オンリーの歯科医師の仕事は、

すべては患者さんのために。