本当に困った時の歯科医院

10年以上前から、

私の診療所へお越しになられることを

お決めになって居られたと、

この女性は、

初診の際に、

おっしゃっておられました。

でも、

恐くて、

判ってるんだけれども、

ホームページで、

他の歯科医院へ行ってみて、

それで、

ヤッパリ、

私の診療所しかないと、

決断されたと、

おっしゃっておられました。

拡大すると、

歯列矯正治療の後に、

歯が逆戻りし、

どんどん、

前歯の間の隙間が大きくなって、

歯科医院で、

2件、

ラミネート・ベニア修復や、

コンポジット.ジット.レジン修復にて、

隙間を埋める【涙ぐましい無意味な抵抗】治療を受け、

10年もマスクを外せない生活を余儀なくされた

哀しい女性。

この方の心の哀しみに、

心をうたれて、

私は仕事をお引き受けさせて頂きました。

仮歯を先ずは、

製作するのですが、

模型の上でシミュレーション。

左右の犬歯までの歯の周囲の骨を

外科手術にて、

形態修正し、

正中の前歯は、

歯根が折れておりましたので、

抜歯し、

その後でインプラント修復。

その両側の前歯はセラミッククラウンにて。

そのような設計で、

仮歯を製作したのです。

で、

今日、

一気呵成に、

歯をクラウン形成のために削り、

正中の2本の前歯は抜歯。

残す歯は歯周外科手術。

で、

最後にインプラントの埋入手術です。

右側は、

骨吸収が大きいために、

インプラント埋入の前に、

骨造成の必要がありました。

急遽、

骨をノミとマレット(カナヅチです)!

使って、

骨に刻みを付けて、

割くんですよ。

そのスペースに骨補填材を充填します。

最後に、

出来上がった仮歯を入れて、

ご覧の通り。

お疲れさまでした。