ダイレクトボンディング修復でストレス解消

昨日も多忙でした。

午前と夕刻に、

大きな手術。

いつまで経っても、

メスを持つのには、

大きな負荷が、

精神的にかかります。

そんな時には、

ダイレクトボンディング修復がモッテコイなのです。

術前です。

金属の詰め物が、

ナンでもカンでも悪い訳ではありません。

色が白けりゃ良いってモンでもありません。

が、

この修復物はイケマセン!

形態も悪けりゃ、

詰め物の境目も適合していない。

序でに、

ここまで雑な手当てだとすりゃ、

詰め物の下には、

恐らく、

虫歯の取り残しも在るでしょう。

で、

金属の詰め物を取り除いて、

急いで、

ラバーダム防湿。

黒い部分は、

慢性う蝕か、

金属による変色か定かではありませんので、

う蝕検知液にてチェック!

神経に近い処は、

MTAセメントの改良型で保護。

いよいよマテリアルを盛り上げる前準備です。

隣の歯との間に、

壁を設置します。

この壁に、

程よいカーブを帯びた形態を施すのが、

腕の見せ所です。

エナメル質に対して、

リン酸処理を行います。

素材は、

針のように尖った道具を好んで使用しています。

で、

完成。

治療の間、

夢中で、

歯と向き合っていますので、

雑念などありません。

在るのは、

ルンルン気分だけなんです。