本当に歯で困った患者さんのための歯科医院

アレコレご注文の多い患者さんも

確かに、

お越しになられます。

理に適っている難しいハードルは、

私は知恵を搾って、

工夫を駆使して、

誠実に、

患者さんに喜んで頂きたいと、

精進します。

ほとんど、

良いゴールを迎えることで、

安堵する日々です。

が、

中には、

ご自身の病状を知ってても、

絶対に治せ!

のような態度で、

あるいは、

困った時には、

先生、全面的にお委せしますから助けて下さい!

で、

治療が進んで、

ご自身でも、

もう大丈夫だ!

内心で安心したのでしょう。

その途端に、

治療費用が高い!

はぁ?って方も

極々、

たまに、

私の診療所に紛れ込んでお越しになられます。

最初の私は丸くなりましたよ。

ともかく、

診療は一生懸命、

誰隔てなく、

誠実に対応します。

マイクロスコープを使っての根管治療です。

右肩を傷めるので、

現在、

色んなメーカーのご協力にて、

腕を支える椅子を、

アレコレ試しています。

修復処置の際の、

顎機能検査。

これも私のルーチンワークです。

昨日の新しい患者さんです。

これはなかなかの難症例ですね。

そんな多忙な毎日で、

本当に歯を大切にして下さる、

そんな患者さんを最優先で、

私は予約を優先し、

その辺りは、

私は医師ですから、

来た順番で、

先に診療する流儀ではありません。

私は本当に歯を大切にして下さる患者さんのために、

余生を費やす積もりですので。