主治医の責務

今日は午後の4時からの診療です。

ソレまでですか?

岡山市に行ってました。

長い間、

私の患者さんである○○さんに

付き添って、

大学病院へ出向いていたのです。

私の専門外の医科の分野ですが、

某医院にて、

ある病名の診断を受けた○○さん。

難しい病気で、

その医師から具体的な専門病院を紹介されなかったとの事。

相談を受けていたのです。

病気によって、

得意分野が違うのは正直な処です。

で、

私のネットワークから、

○○さんの治療に相当する名医を聞き出し、

予約を取り、

私の患者さんに対して、

キチンと対応して下さる医療機関かを

自分で確かめるために、

同行したのです。

これは、

○○さんに限った行いではありません。

長年の患者さんを、

初めての病院へとご紹介する際には、

東京でも何処でも、

私は一緒に行くことを

私の職責の一部であると考えてきました。

ソレが、

自費治療専門医の自負でもあり、

患者さんと共に寄り添う主治医の義務だと。

○○さんは、

決して待たされることなく、

専門分野の教授の診察を受けて、

スムーズな検査へと進み、

即座な確定診断を受けて、

今後の治療のレールに無事に乗る事ができました。

とても安堵したご様子の○○さんでした。

病院側も十分なご配慮をして下さり、

私の面目も大いにたちました。

用意された車に乗り、

たった今、

診療所へ帰って来た処です。

ホスピタリティとは、

患者さんを

○○様と呼んで、

変な処でサービス精神を発揮する事ではありません。

私は歯科医師です。

歯科分野を専門とする医療人です。

すなわち、

患者さんと云う人の病気を与ることを職業としているのです。

長年の私の患者さんが

病気でお困りの際には、

私が居るぞ!

ソレが私の存在価値だと思って、

そうでなければ、

診療などできませんよ。

口先だけのサービス医療を

私は軽蔑しています。

時には、

患者さんを叱ります。

ソレが理解できない人は、

私は他の歯科医院は沢山ありますから、

ソチラでどうぞと云う姿勢です。

患者さんに対して、

大きな敬意と尊厳を重視していますが、

なにかの次いでに治療すると云う姿勢、

ナンでもカンでも他力本願と云う姿勢、

お金を払ってルンだから治療しろと云う姿勢、

患者権利の履き違いをする不道徳な方には、

私の診療所は扉を閉ざします。

私の診療所は、

困った方の駆け込み寺?教会か?

そのような考え方で、

通してきました。

歯なんか!

そのような方には、

私は大いなるヤブ医者、

態度のデカい不届き者でしょう。

でも、

絶対的な三枝ファンに支えられているから、

私は器具を手に出来るんです。

大勢に埋没したくありません。

唯一無比の少数派であることが

私の流儀ですから。