日常的に眼にする光景

毎年の恒例行事ナンですが、

年末年始のこの時期には、

大きな外科手術のラッシュになります。

この時期くらいしか、

長期に大っぴらに、

取引先に迷惑をかけずに、

治療に専念できないのが、

仕事の第1線に生きる人の辛さナンです。

最近初診でお越しになられた患者さん。

この症例は悲惨です。

インプラントも、

使い方を誤れば、

口腔の破壊装置です。

前歯のブリッジなんかは

最も悲惨です。

インプラントと歯を連結してました。

無論、

歯の手当ても、

推して知るべし。

私は、

どのような症例に対しても、

私のルーチンな診査項目での資料の採集を行います。

噛み合わせの診査も、

歯周病の診査、

レントゲン検査も、

私のスタイルは変えません。

で、

いよいよ前歯のブリッジを撤去しました。

歯科医師人生32年の私ですが、

コレは初めて目にする治療方法です。

コレはナンだ!

インプラントのフィクスチャー部分に、

ナンとナンと!

アバットメントがありません。

私も多くの酷い治療を目にしてきましたが、

ここまで来たか!

この部品は、

インプラント治療で使用するモノではありません。

差し歯の土台部分、

今ではファイバーポストと取って代わられた、

昔むかしの、

既製品のピンです。

この歯科医師、

インプラントにこのピンを立てて、

隙間にコンポジットレジンを流していました。

これを違和感なく視る歯科医師が多いなら、

もう日本の歯科医学は終わりでしょう。

社会から侮蔑の眼を向けられる日も遠くないでしょう。

この症例。

私の手で、

キチンと治して差し上げます。