お元気なことは誠に喜ばしく

胸の前で両手をクロスして、

椅子に腰掛けて、

片脚を持ち上げる。

で、

もう片方の脚で、

立つ!

それを交互に繰り返す。

先生、やってみて!

76歳になる女性患者さん。

迫力に圧されて、

素直に従う私。

いち、にぃ~、さ~ん!

声高らかに、

私を見守る彼女。

あぁ~降参。

ダメねぇ先生。

さぁ、次は私よ!

いち、にぃ~、さぁ~ん、しぃ~。

遂には48回。

自信満々な笑顔で、

私の筋肉年齢、先生っ、あ・て・て・みてっ!

そんなん知るかぃな、

とは言えません。

う~ん20歳くらいですか?

と、

おおサバ気味にて返す私。

ほっほっほ!

そこまでは行き過ぎ、先生っ!

34歳っ!

指にて、

3の字、

4の字を、

強調!

次には、

先月に、

誤飲防止の予防法としての、

摂食嚥下トレーニングを、

教えて差し上げた、

唇を閉じての舌の回転運動を披露する彼女。

先月は唇が、

うっすらと開いていたのですが、

目の前では、

唇はシッカリと閉ざされ、

グルン、グルりと、

大きく、

舌は、

動く、動く。

いや~、参りました。

先生、

来月もメンテナンスに来ますよ。

その時まで、

良いっ!

ストレッチ、

確認するわよ!

またまた降参。