今でも同じ

今年の抱負は、

シッカリと、

休養をとり、

シッカリと、

食べる!

コレが結構と難しいのが、

私の仕事です。

ですから、

休養そして食べるという

当たり前のことを、

仕事と同レベルで、

考えながら過ごしています。

日曜日と昨日の祭日は、

私にしてみれば、

珍しく、

完全休養したのです。

1日中ボォ~っと。

そういえば、

2月11日といえば、

今から30数年前の、

その日。

日本歯科大学の合格発表を見に、

総武線に乗車し、

吊革にぶら下がり、

女性の権利を強く主張してこられた

市川房枝女史が亡くなられたとの号外に驚いたことが、

ナンででしょう。

鮮明に蘇ってくるのです。

飯田橋駅から靖国神社に向かう富士見坂を

急ぎ足で進む私。

合格掲示板に自分の番号を見つけた際の喜び、

坂を逆方向に、

公衆電話を探す私。

そういう想いが、

今でも鮮明に蘇ってくるからこそ、

歯科医学から反れずに、

折れずに、

一気呵成に突っ走れたのだと思います。

今日のラストの患者さんは、

午後の6時30分からの手術です。

まだまだ、

心は当時のまま。

夢中に手当てに勤しみます。