歯科保存学は歯科医学の王道

遠くの基地に単身赴任中の自衛官の夫が、

歯で苦しんおられた妻君を案じて、

私の診療所にお越しになりました。

お顔を拝見して、

何故だか安堵したのです。

ソレにしても、

自衛官とは、

大変なお仕事です。

聞けば、

まだ若いにもかかわらず、

もうすぐで20年になりますと。

思わず、

エラい!。

奥方の歯は、

ご本人が案じて良くなる訳ではありません。

ご主人の仕事柄、

一般家庭のようにはイキませんから、

私は秘かに案じていたのです。

40歳に届くか届かないかという年代の患者さんも、

この頃は多いんです。

で、

歯科保存学が歯科医学の王道だと、

つくづくと感じる毎日です。