四苦八苦

最近、

ご紹介した、

この症例ですが、

ここまで至ると、

抜歯しか選択肢がありません。

昨日、

私も、

患者さんも、

意を決して、

抜歯に臨みました。

で、

処置しながら、

やはり、

抜歯しか選択肢がなかったと、

確信しつつ、

なかなか抜けない、

この歯。

器具を引っ掛ける都度に、

バキッと折れる。

歯が破片だらけになり、

形をなさないので、

抜けないのです。

このような歯に、

ファイバー・ポストを接着した処で、

全く無意味。

オマケに、

ジルコニア・クラウンとくれば、

硬くて、

噛む力がかかる度に、

折れる原因を造るようなモノ。

骨を温存する配慮と、

根管先端部品の骨に広がる

病巣を綺麗に全て、

掻き出すことに、

四苦八苦。

このような症例って、

案外と多いんです。

根管治療ができる時期に、

どうぞ

お越しください。

でないと、

間に合いません。