考える歯科治療

先のブログを更新すると、

早速に、

日本歯科大学新潟病院の三富技工士から。

で、

ヒントをお送りしましょう!

治療後20年経過した患者さんです。

上顎は総入れ歯。

下顎はインプラント2本埋入。

で、

バー・アタッチメントを装着。

その上に総入れ歯。

噛む面には、

私の総入れ歯の特徴である金属加工は

あえて、

していません。

ソレで、

噛む接触点は、

今でもご覧の通り。

磨耗してません。

コレが噛み合わせ治療の極意です。

コレがヒントです。

さぁて、

頑張って考えて!