インプラント治療のドキュメント

歯根破折が、

歯周病を抜いて、

抜歯の原因の第1位になったとの

統計データを見ました。

理由は歴然です。

根管治療の際の、

ニッケル・チタン・ファイルの普及も

その大きな原因だと思います。

機械化された根管治療は、

スピーディーで効率的ですが、

根管壁を、

どうしても削り過ぎる傾向にあります。

薄い根管壁は割れやすい!

手先が器用で、

しかも、

根管の解剖学形態を熟知する歯科医師が使えば、

良い道具ナンですよ。

でも、

これだけマイクロスコープでの治療が

優れていることに気がついた歯科医師が多いのに、

なぜニッケル・チタン・ファイルナンでしょう?

自分の手で、

丁寧に根気よく、

その方が成績は良いンですが。

あと、

ジルコニア・クラウンの普及でしょうか?

太く拡大した根管に、

ファイバ-・ポストで、

ジルコニア・クラウンでしょ?

そりゃ歯根破折は増えるでしょ!

てな訳で、

歯根破折の患者さんが大勢にお越しになります。

助けて差し上げられる症例は、

もちろん、

保存治療に精を出して頑張っています。

でもね、

速く気づいてくださった方は、

間に合うンですが。

歯医者は恐い!

歯医者は高い!

ってな訳で、

受診が後手に回った方は、

残念ながら抜歯です。

今日も、

歯根破折の抜歯。

で、

私にすれば珍しい・抜歯即時インプラント埋入手術です。

歯根破折の部分の骨は溶けてるんですよ。

骨補填材にて、

骨が再生する手当てが、

余計に必要になります。

インプラントの手術よりも、

その後に必要になるクラウン修復のイメージをシッカリと決めて、

それがインプラント治療の肝心処ナンですよ。