コレは困った!

日本歯科大学に入学して間もない1年生への

プロフェションの講義ほど難しいモノはありません。

学生証をお持ちですから、

身分を他人から問われたら、

【日本歯科大学の学生】だと、

彼らはためらいなく答えるでしょう。

が、

歯科医の門を叩いたばかりであるのも事実。

歯科医学の一端の知識も経験もありません。

ソレでも、

世間は【歯科の専門知識を学ぶ者】として扱います。

このギャップです。

彼らはコレから気の遠くなるような6年間、

学問にドップリと浸かる身です。

挫けそうになるでしょう。

不安感に押し潰される機会も

何度も遭遇するでしょう。

そんな彼らを、

私は、

その気にさせなければなりません。

プロフェッショナルとしての自覚を促す手立て。

今年の講義の初っ端は、

どのような出だしから導入しましょうか?

ズッと頭から離れないんです。