新たな一歩

東京都吉祥寺開業の小出明医師は、

私とは別の大学出身者ナンですが、

数年前、

突然に連絡を頂き、

私の診療所を見学させて頂きたいと。

こういう場合、

私は快諾する主義です。

若い頃の自分を思いだし、

多くの先人から大きなご恩を頂きましたので。

色んな若い歯科医師との新しいご縁が、

毎年毎年、

できています。

その中でも、

特に小出医師には大きな期待を持って接してきました。

良い歯科医師だと思います。

その彼に対して一つハードルを差し出していたのです。

他校出身者で多忙な開業医である彼に、

日本歯科大学・新潟生命歯学部の歯科保存学第2講座の

新海航一教授の指導の基で、

歯科保存学の専門医の認定試験に挑みなさいと。

その彼も、

直近には専門医の認定を受けるでしょう。

で、

先日、

彼から相談を持ちかけられました。

都内の歯科衛生士教育機関の教官に推薦されたんだそうな。

開業医と講義の二股は、

経営も圧迫するでしょうし、

講義の準備などで多忙になるでしょう。

私はお受けしなさいと、

即座に伝えました。

学生諸君への講義を受け持つ責任は、

日々の診療レベルを飛躍的に向上させます。

常に国家試験の模範解答を熟知していなければ、

学生諸君への講義はできません。

そういう縛りが、

歯科医師の医療倫理と判断基準に

役立つのです。

とても嬉しい気持ちになりました。

私と関わった若人たちが、

活躍する場が増えることに。

小出明医師に新たな一歩が、

大きな力になるでしょう。