歯根破折

今日の新患の患者さんも、

【歯根破折】が原因です。

マイクロスコープを使った根管治療は、

ある面において、

気をつけなければなりません。

根管内を拡大し過ぎる歯科医師が多いのも事実です。

見るために、

根管内を広げて、

見えやすくする。

気持ちは判らないではありませんが、

ソレなりの、

技術をお持ちの方に限るってことを、

勘違いなさってるのでは?

広げ過ぎた根管は折れることを知っててのことでしょうか?

ニッケル・チタン・ファイルも同様です。

ソレなりの技術をお持ちの歯科医師がお使いになられるのと、

そうでない方のソレとは、

同じ道具でも、

結果はマ反対です。

己を知る。

コレは本当に大事ですね。

私には、ニッケル・チタン・ファイルを

上手に・精確に使う自信はありません。

その練習をしようとも考えません。

ニッケル・チタン・ファイルは、

私の知る歯の解剖学からすれば、

使ってはならない道具ですから。

ニッケル・チタン・ファイルで一気呵成に

根管をスルー!

気持ち良いでしょう?

でも、

不器用の手にかかった機械的根管拡大は、

根管を壊すだけ。

壊れた根管の歯は折れるでしょう。

ファイバー・ポストも同じです。

考えて使わないと。

なんだか、

最新のモノばかりですね。

歯科の商業雑誌のケースレポートなんかや、

メーカーの製品説明会ばかりを

丸々・信じる素直なる歯科医師の仕事って、

真っ直ぐな心とは反して、

結果は折れるンです。