背中を押される気持ち・

ビックリされるかも・しれません。

診療所の院長室には、

ご先祖様の大きな・お仏壇がドスンと、

鎮座しています。

自宅から私の命の診療所へと、

随分と前に引っ越しして貰いました。

自宅で留守番するマリリンたちは、

暇を持て余していたのでしょうね。

お仏壇にお供えする御饅頭。

美味しそうに見えたんでしょうね。

帰宅する度に、

お供え物が無くなって、

序でに、

お花もひっくり返る始末。

コリャ駄目だと。

お仏壇のなかには、

沢山の御位牌が列んでいます。

私が生まれた時には既に佛さまになったご先祖様もいます。

ですから、

お顔は知りません。

逆に、

幼少期から学生時代に、

嘘八百ついて、

お小遣いを引っ張り出した、

祖父母と叔母の御位牌の戒名を観ては、

申し訳ない気持ちと、

あの・尚登が、

ソレなりの歳になって、

人並みに、

否、

一生懸命に歯を食いしばって、

仕事している姿を、

観ては、

どんな気持ちで、

見守ってくれているンだろうと、

患者さんの診察の度に、

院長室のドアを開ける度に、

お仏壇の方を振り返って、

ひと仕事してくるぜ!

ご先祖様的には、

私の命の診療所に居ることが、

絶対に静かに、

落ち着いて、

安らかではないか?

私の応援しなけりゃなりませんから。

でも、

喜んでいると、

私は信じているンですよ。

こんな私ですけど、

歯の仕事に就いて本当に幸せですから。