面目・丸潰れ

中学高学年の英語のリーダーの教科書って、

こんなに良かったンですね!

私ん処のオテンバ姉妹は、

私がカトリックであることから、

本人たちの意思とは全く関わりなく、

ノートルダム清心中学校へと、

始発電車に乗って、

大変お気の毒ですが、

毎日倉敷市へと通っています。

で、

時々、

宿題する際に、

パパ、横で一緒にチェックして頂戴!

娘の頼みです。

眠たい瞼にマッチ棒を支え棒にしててでも、

テーブルの横に座っています。

どれどれ?

最近の読み物は、

アメリカ合衆国が独立至る過程を、

さまざまな登場人物を通して、

興味深く、

上手いこと・書いてるんです。

ついつい面白いので、

当の私が、

ほぉ~!

そうだったんだ!

知らなかった!

先日はジョン・ハンコック氏を通して、

独立戦争前夜のキッカケを上手いこと書いていました。

ジョン・ハンコック・センターって処が

ニューヨークにあってな!

ほら、パパがニューヨークに学会で行くだろ。

会場は其処なんだよ。

判りきった物識り顔で話したら、

パパ、ソレは違うでしょ!

ジョン・ハンコック・センターはシカゴじゃない!

???

ナンでお前が知ってるん?

何・言ってんの!

パパ、一緒にビルに登ったじゃない!

そうでした。